芝浦が好きなので、ずっとここで暮らすことにしたBlog

IT関連の記事のメモ書きです。たまにAndroidとか、PCネタとか、港区芝浦のご近所情報を書いてます

スポンサーサイト

投稿日: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Newer

Older

Trackback

メンテナンスは大事ですね

投稿日: 2009/07/10(金)

時計



本日、修理に出していたこちらの品が戻って参りました。

オメガ・シーマスター

もう10年以上の付き合いになる愛用の時計、オメガのシーマスターです。

お恥ずかしい話ですが、今までずーっと定期的なお手入れをしないで使ってました。リューズの動きがヤバいぞ…と気付いてましたが、騙し騙し使い続けた結果、ついに修理+オーバーホールとなった次第です。

今回修理に出した所は大丸東京店10Fの「時計修理専門カウンター」です。そして、気になる修理費用ですが…。

分解・清掃・油差しのオーバーホールと防水検査を含めて、
税込27,300円ナリ。


良かった! ><
とりあえず予想より安く済んでホッとしました。

故障原因はリューズを裏で抑える部品の寿命とのこと。ちなみに交換した部品代は1000円なので、消費税を抜くと実質25,000円のオーバーホールだけで済んだようです。

でも、オーバーホールだけならこっちの方が安かったですね。

時計修理・オーバーホール専門店アクアタイム
http://aqua-time.jp/omegasm2/index.htm

時計修理・オーバーホール専門店アクアタイム

ごめんよ、シーマスター。次は早めにオーバーホールするからね。゚(゚´Д`゚)゚。




あとですね、それとは別にもう一つ修理に出していたものがあります。

ラ・コルドヌリ・アングレーズ

ラ・コルドヌリ・アングレーズというフランスのメーカーの靴です。
このメーカーはシューキーパーの方が有名かもしれませんね。

LA CORDONNERIE ANGLAISE(ラ コルドヌリ アングレーズ)
http://www.boq.jp/closeup/shoes/2007/070216/070216.htm

舌を噛んでしまいそうな、このブランド名はフランス語で「英国の靴商」という意味だそうだ。「フランスのブランドなのに、なぜ?」とながらく疑問を抱いていたが、それは創業当時、フランスで英国紳士のダンディな着こなしがもてはやされていた、という時代背景から生まれたものらしい。きっと当時のフランスの人々にとり、ラ コルドヌリ アングレーズというブランド名にはともて粋で新鮮な響きがあったのだろう。



外羽根でゴツくないプレーントゥというのが気に入ってるんですよねー。
(ちなみに外羽根でゴツいAldenも別の用途で所有してますwww)

実は、こちらも10年以上使ってます。オールソールを3回していますが、表面の傷みがそろそろ限界っぽいです。次のヒール交換でさよならかなーと思ってます。

で、もう一度同じ靴(または同じコルドヌリの靴)を買いたいと思ったんですが、ググっても見つからないんですよね…。

大丸に行ったついでに、この靴を買ったお店「トゥモローランド丸の内店」に行きましたが、、もうとっくに取り扱いしていませんでした。

店員さんに聞いたら、

`∀´)ノ 「コルドヌリですかー?相当前の話ですよねー。もうどこの店も取り扱ってないですよー。フランス行って買うしかないですねー(笑)」

と言われました。

しゃーない。お金持ちになったらフランスに行って買おうwww。


まとめ



で、結局何が言いたいのかというと、「大事なモノはまめにメンテナンスしないとね」ということだけです。

時計も靴も長く使うと愛着が湧くし、変えられない何かになるんですよね。

ただ、物だけの話じゃなくて、一番大切なのは自分自身かなと思いました。

最近めっきり立ち寄ることのない丸の内とかセレクトショップとかに行ってみて、「前はよくこの店に来たなー」とか、「今の年齢だとこっちの方が合うかなー」など、見てるだけで、なんとなーく心のメンテナンスが出来た気がします。

どうでもいいと思ってると、心全体が錆びついてきちゃうんでしょうね。

あと必要なのは、体のメンテナンスですね!(^^;

Newer

Older

Trackback

FC2Ad

Powered By FC2ブログ. Copyright ©芝浦が好きなので、ずっとここで暮らすことにしたBlog All Rights Reserved

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。