芝浦が好きなので、ずっとここで暮らすことにしたBlog

IT関連の記事のメモ書きです。たまにAndroidとか、PCネタとか、港区芝浦のご近所情報を書いてます

スポンサーサイト

投稿日: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Newer

Older

Trackback

芝浦散策 - 江戸開城会見之地 -

投稿日: 2006/07/19(水)
第一京浜沿いにある「西郷南洲 勝海舟 会見之地碑」を紹介します。

さーて、いよいよ地域情報を載せる以上避けては通れない・・・
そう、歴史のお勉強デス。
全く予備知識が無いからネットで色々と調査してみたんですけど、
意外と興味深いですねー。
小学校の時にやった郷土研究の意味がわかった気がしました( ´∀`)エヘヘ

会見の地1

時は幕末、
官軍による江戸城総攻撃の前日に、
上野の銅像でおなじみの西郷さんと、陸軍総裁の勝海舟が、
当時海岸沿いだったここ田町の薩摩藩屋敷にて、
江戸市中を戦火から救う「江戸無血開城」の話し合いを行いました。

他のサイトによると、
既に静岡での山岡鉄舟との会談で無血開城が事実上決定していたそうですが、
この田町が歴史上、重要な場所であることに変わりはないですね。

「山岡鉄舟」についての研究会
http://www.tessyuu.jp/archives/2006/05/post_99.html

会見の地2

裏側はこんな感じ

薩摩藩屋敷跡 [MAP]

碑の説明書きはこんな感じ↓


この敷地は、明治維新前夜慶応4年3月14日幕府の陸軍総裁勝海舟が
江戸100万市民を悲惨な火から守るため、西郷隆盛と会見し江戸無血
開城を取り決めた「勝・西郷会談」の行われた薩摩藩屋敷跡の由緒ある
場所です。
この蔵屋敷所在地の裏はすぐ海に面した砂浜で当時、薩摩藩国元
より船で送られて来る米などは、ここで陸揚げされました。
現在は、鉄道も敷かれ(明治5年)更に埋め立てられて海までは
遠くなりましたが、この附近は最後まで残った江戸時代の海岸線です。
また、人情噺で有名な「芝浜の革財布」は、この地が舞台です。



会見の地3
田町駅はギリギリ浜辺にあるように見えるけど、こんな小さくないよね。
昔は海の上の線路を蒸気機関車が走ってたそうですよ

雑魚場(河岸)が置かれた浜 芝浜(しばはま)
http://kkubota.cool.ne.jp/shibahama27.gif
http://kkubota.cool.ne.jp/shibahama.htm

あれ?そういえば鹿島神社って今もあったかな・・・?
あの場所にカテリーナのモデルルームがあった様な気が・・・

今度確認してみよっと。


会見の地4
おいどんVS勝さん

Newer

Older

Trackback

FC2Ad

Powered By FC2ブログ. Copyright ©芝浦が好きなので、ずっとここで暮らすことにしたBlog All Rights Reserved

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。