芝浦が好きなので、ずっとここで暮らすことにしたBlog

IT関連の記事のメモ書きです。たまにAndroidとか、PCネタとか、港区芝浦のご近所情報を書いてます

スポンサーサイト

投稿日: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Newer

Older

Trackback

コメント欄って必要?

投稿日: 2008/12/26(金)
先日、当ブログ読者の方と実際に会って貴重な意見をもらいました。

「他の人のコメントが少ないので、コメントを投稿するか悩むんですよねー」

なるほど、その気持ちわかりますね。

情報を発信している立場ですから、読者の反響を、知識の向上や更新のモチベーションにつなげられないってことは、勿体ない状況なんでしょうね。

どこのサイトか忘れましたが、「ブログというのは60%の出来でアップして、残りの40%はコメント欄でみんなに仕上げてもらう」というのを見たことがあります。

ブログは双方向性を持つものなので、これは大事な考え方ですよね。でも、双方向性の危険なところも忘れちゃいけないと思います。

ネット危険地帯 ブログ「双方向性」の罠──コメント欄に注意! IT-PLUS
http://it.nikkei.co.jp/security/news/index.aspx?n=MMITzt000027042006

 ただし、ユーザーの生の声というのは、ブログ運用側にとって都合の良いものだけではない。感想や励まし、要望、適切なクレームを期待していたとしても、実際に寄せられるコメントがそうであるとは限らない。

 誹謗(ひぼう)中傷や下品なコメントが寄せられることもある。例えば、「氏ね(死ね)」という表現を含むものであったり、ブログのエントリと無関係なアスキーアート。ひどいものになると、身に覚えのないゴシップを書かれたり、電話番号などの個人情報をさらされたりすることもある。


ネガティブに捉えると、「コメント欄なんていらない!」となりそうですね。

当サイトは、間違いや表現の悪い点を指摘してもらうために、よほど酷い状況にならない限り、設置したままにしておくつもりです。ただ、画像認証(イチ・ヨンとか文字を入力するやつ)はスパム対策で引き続き行います。

あと、誤解されないために書いておきますが、遠回しにコメント催促しているわけではありませんwww。コメントの書き込みって意外とパワーを使いますからね。無理に書かなきゃと思う必要はありません。それだと続きませんから。

人気があるブログ・良いブログは、こんな点が優れているんだと思います。

・RSSリーダーでの購読者が多い
・はてなやdeliciousなどのソーシャルブックマークに登録される数が多い
・拍手ボタンを押される

要は「続けて読みたい」「これは良い記事だ」と思われればOK。

良いアウトプットを目指して日々頑張ろう。

Newer

Older

Trackback

FC2Ad

Powered By FC2ブログ. Copyright ©芝浦が好きなので、ずっとここで暮らすことにしたBlog All Rights Reserved

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。