芝浦が好きなので、ずっとここで暮らすことにしたBlog

IT関連の記事のメモ書きです。たまにAndroidとか、PCネタとか、港区芝浦のご近所情報を書いてます

スポンサーサイト

投稿日: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Newer

Older

Comment

Title: ラーメン二郎
毎度です・・・武蔵小杉の二郎・・・興味あります!4Xさんがジロリアンだったとは・・・残業の帰り、品川か神保町の夜の行列に参加しませんか?(笑)近々、目黒にドライブ行く予定もありますが・・・。
さて、桜吹雪の読書は「冷静と情熱の間」の2番煎じ、「右岸・左岸」を読むかどうか検討中です・・・。似合わないでしょ・・・爆!
そうそう、男だけのワイン会を、16~18の間に行う予定です。時間は7時間にお店に到着をお願いするくらいしか・・・縛りはありません。詳細決まればまたご連絡します。では・・・。
  • 2008/12/07(日) 14:23:34 |
  • URL |
  • 桜吹雪 #mQop/nM.

Comment

Title:
>>桜吹雪さん

ども、お久しぶりです。
初級ジロリアンですが、お誘いあればお供しますヨ~。
ただし、前日に外食申請が必要なんですけどね(^^;

「右岸・左岸」を図書館を検索したら70-80人待ちでした。
さすが桜吹雪さん、流行に敏感だ。

あと、男だらけのワイン会の詳細お待ちしております。
決まりましたらメールください。m(_ _)m
  • 2008/12/07(日) 23:15:47 |
  • URL |
  • 4X #99DFA69w

Trackback

7日間”超速英語脳育成”プログラム + 限定特典:20日間フォローアップ音声・テキスト特典付き ■
限定公開直後から大反響!誰も気付いていない、皆様にも存在する”英語脳へのスイッチ”ボタンお陰様で多くの英語習得でお悩みの方などにご賛同頂きまして誠に有難うございます。ネイティブみたいになりたい!誰よりも早く、英検、TOEIC、学校の成績を”短期間”で上げて?...

日本語が亡びる前に、英語ができない僕が亡びそうです

投稿日: 2008/12/06(土)
ブログ界で話題の、水村美苗「日本語が亡びるとき」を読みました。



読んだ理由は、アルファブロガーがこぞって大絶賛していたからです。

ただし、単行本ではなく、前半の1章~3章が掲載された「新潮9月号」の方を読みました。

404 Blog Not Found
今世紀最重要の一冊 - 書評 - 日本語が亡びるとき
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51136258.html

My Life Between Silicon Valley and Japan - [コラム] 水村美苗
「日本語が亡びるとき」は、すべての日本人がいま読むべき本だと思う。
http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/20081107

dankogai氏は「本書をひも解くことは納税に匹敵する義務」と書いているし、梅田望夫氏は「すべての日本人が読むべき本だと思う」と書いていますからね。そりゃ、脊髄反射しちゃいますよね。

すぐに図書館の予約状況を調べたところ、先客ゼロで楽々借りることができました。

後ほど確認したところ、予約数は14まで伸びていて、約半年待ちの人気図書になっていました。著名人のブログの影響って凄いですね…。

さて、そろそろ本題。

一応、ひととおり読んでみましたが……。んー……。

面白くない。

想像していた内容と全然違いました。個人的な要約はこんな感じです。

漱石をもっと読め!今の日本文学は幼稚すぎ。絶望した!
 
幼稚な感想でスイマセン。

とりあえず「読まなきゃ」と思う話題の本だったので、読んだこと自体は満足しているんですが、非常に薄っぺらくしか拾えてません…。だって、つまんないんだもん。

まともな書評を知りたい方は、以下のサイトを参考にしてください。

【海難記】 Wrecked on the Sea
水村美苗『日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で』を読む。
http://d.hatena.ne.jp/solar/20081111

水村美苗のような、言っては悪いがマイナーな作家の本がネット上でこれだけの話題を呼ぶのは、センセーショナルなタイトルが理由だろう。文学への関心ではなく、一種の「ナショナリズム本」として期待されているのだ。実際、この本で水村が述べているのは、かなりストレートな言語ナショナリズムである。つまり、美しく正しき「日本語」を英語支配の時代のなかで守るために、「日本近代文学」は読みつがれなければならない、というのが、ごく簡単にいえば彼女の主張のすべてである。



日本語はすでに亡びている - 池田信夫 blog
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/24e707ffa42cb9da8fd0b58857c79e0b

要するに、このまま放置すると英語が<普遍語>になり、日本語が<現地語>になって、日本文学が亡びるので守らなければいけないということらしいが、これは認識として間違っている。少なくとも学問やビジネスの世界では、日本語はとっくに現地語でしかない。



「日本語が亡びるとき」で<普遍語><現地語>は、このように説明されています。

<普遍語>は、上位のレベルにあり、美的にだけでなく、知的にも、論理的にも、最高のものを目指す重荷を負わされる。それに対して、<現地語>は下位のレベルにあり、もし<書き言葉>があったとしても、それは、基本的には、「女子供」と無教養な男のためのものでしかない。



そのとおり、無教養な男。

まずは、この状態をどうにかしないとヤバいですね…。

Newer

Older

Comment

Title: ラーメン二郎
毎度です・・・武蔵小杉の二郎・・・興味あります!4Xさんがジロリアンだったとは・・・残業の帰り、品川か神保町の夜の行列に参加しませんか?(笑)近々、目黒にドライブ行く予定もありますが・・・。
さて、桜吹雪の読書は「冷静と情熱の間」の2番煎じ、「右岸・左岸」を読むかどうか検討中です・・・。似合わないでしょ・・・爆!
そうそう、男だけのワイン会を、16~18の間に行う予定です。時間は7時間にお店に到着をお願いするくらいしか・・・縛りはありません。詳細決まればまたご連絡します。では・・・。
  • 2008/12/07(日) 14:23:34 |
  • URL |
  • 桜吹雪 #mQop/nM.

Comment

Title:
>>桜吹雪さん

ども、お久しぶりです。
初級ジロリアンですが、お誘いあればお供しますヨ~。
ただし、前日に外食申請が必要なんですけどね(^^;

「右岸・左岸」を図書館を検索したら70-80人待ちでした。
さすが桜吹雪さん、流行に敏感だ。

あと、男だらけのワイン会の詳細お待ちしております。
決まりましたらメールください。m(_ _)m
  • 2008/12/07(日) 23:15:47 |
  • URL |
  • 4X #99DFA69w

Trackback

7日間”超速英語脳育成”プログラム + 限定特典:20日間フォローアップ音声・テキスト特典付き ■
限定公開直後から大反響!誰も気付いていない、皆様にも存在する”英語脳へのスイッチ”ボタンお陰様で多くの英語習得でお悩みの方などにご賛同頂きまして誠に有難うございます。ネイティブみたいになりたい!誰よりも早く、英検、TOEIC、学校の成績を”短期間”で上げて?...

FC2Ad

Powered By FC2ブログ. Copyright ©芝浦が好きなので、ずっとここで暮らすことにしたBlog All Rights Reserved

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。